ダイエットをしたい女性
運動している肥満の男性

世界で承認を得ている肥満治療薬は主に二つの種類に分類でき、一つは食事に含まれる脂肪の吸収を抑える脂肪吸収阻害薬で、もう一つは食欲を抑制する事でカロリー摂取を少なくする食欲抑制薬です。
脂肪吸収を阻害する薬の成分としては、スイスの製薬会社が特許を有するオルリスタットが知られています。
体重が増える人体のメカニズムとして、食事で摂取した脂肪は、リパーゼという酵素の働きにより消化吸収されます。
オルリスタットは、この消化吸収に関わるリパーゼの働きをブロックする事で、腸管から脂肪が吸収されるのを阻害して肥満を抑制します。

通常のダイエットでは、食事制限で空腹感に悩まされる事も多く、せっかく体重が減少してもリバウンドでまた元の体重に戻ったり、さらに体重が増えてしまうケースも少なくありません。
オルリスタットを使用した肥満治療では特別な食事制限が必要なく、ダイエット中の空腹によるストレスを我慢しなくていもいいので、気軽に始められます。

オルリスタットは食事に含まれる脂肪だけに作用するので、服用しても薬自体が体内に吸収される量は極めて少量です。
そのため安全性が高く、重篤な副作用が生じにくいのが特徴です。
服用上の注意点として、オルリスタットは脂溶性ビタミンの吸収もブロックしてしまうので、サプリメントなどで脂溶性ビタミンの摂取量を増やす必要があります。

オルリスタットは日本では未だ認可されていない薬のため、使用する場合は海外から個人輸入するか、個人輸入業者の通販サイトなどを通じて購入する方法しかありません。
日本で認可されていない薬であっても、個人使用に限り輸入が認められています。
オルリスタットが含まれている治療薬といえばゼニカルやオルリガルがおすすめです。
オルリガルは薬価が安いことからも非常に購入しやすい治療薬になっています。
通販サイトを利用する場合、粗悪品を購入しないためにも安全性の高い業者を選んで利用しましょう。