• ホーム
  • オルリスタットで痩せることの出来る部分

オルリスタットで痩せることの出来る部分

2019年12月12日
体重を気にする女性

オルリスタットで痩せやすいのは、脂肪が多くついている部分です。
脂肪は内臓脂肪と皮下脂肪に分けられますが、どちらも脂っこい食事を控えたり、運動量を増やすことによって脂肪を減らすことが出来ます。
これらの脂肪が集中しやすいのは、お腹まわりです。
なので、オルリスタットを使うとお腹まわりを中心に痩せやすくなります。
オルリスタットはどんどん痩せさせるような過激なダイエット薬ではありませんが、そのおかげで激痩せして皮が余ってしまうなどのリスクを回避することが出来ます。

脂肪が落ちてくれば運動もしやすくなるので、少しずつ運動量を増やしていくとダイエット効果が高くなります。
体重が落ちても痩せにくいパーツの代表としては、二の腕や顎、ふくらはぎ、があります。
この部位はどちらかというと脂肪の大きさで太くなっているよりも、筋肉の衰え、むくみ、セルライト、筋肉の張り、などで太く見えてしまっていることが多いからです。
筋肉太りの場合には、脂肪の吸収を抑えるだけでは細くなるのは難しいです。

なので、筋肉をほぐして柔らかくするようなマッサージを施すようにしましょう。
入浴中になでるように優しく揉んであげると、筋肉がほぐれやすいです。
むくみ太りには、血流を改善させるマッサージや軽い運動が効果的です。
血流改善も入浴中のマッサージの効果が高いので、習慣にしてみましょう。
筋肉が衰えている場合には、二の腕ならばバンザイ運動をする、顎ならばよく噛んで表情筋を鍛える、などが効果的です。

お腹まわりはオルリスタットでだいたい取れるので、さらに引き締めたいのならば腹筋と背筋を半々に使う正しい立ち方を心がけるようにしましょう。
姿勢を正すだけでもかなり引き締まります。