• ホーム
  • クッキーはNGオルリスタットと糖質制限でダイエット

クッキーはNGオルリスタットと糖質制限でダイエット

2020年03月23日

オルリスタットは膵臓から分泌される脂肪分解酵素リパーゼの働きを阻害することで、摂取した脂肪を分解するのを邪魔して痩せさせる薬です。
薬で消化不良状態を作り出して便として脂肪を排出させる薬なので、体質によってはお腹がゆるくなったり吐き気が伴うこともあります。

オルリスタットを初めて使う時には、少量から試して徐々に基本用量に調整していくと良いでしょう。

オルリスタットは脂肪吸収を100%阻害するわけではなく、30%阻害する薬です。
なので、すぐに何kgも痩せるという即効性は望めません。

即効性を出したいのであれば、糖質制限ダイエットと組み合わせると相性が良いです。
オルリスタットは脂肪の吸収は阻害しますが、糖質とタンパク質の吸収には影響しません。
つまり、脂肪の元になる糖質は通常通り吸収されてしまうということです。

ここで糖質制限をすると、タンパク質と脂肪のカロリーだけになるので、オルリスタットの効果が出て即効性が期待出来ます。

糖質でできている食べ物としては、小麦を使ったお菓子もNGです。
当然小麦を原料にしたクッキーもダメということになりますが、どうしてもクッキーを食べたい時には、ダイエット用のおからを使ったクッキーなどを食べるようにすると良いでしょう。
多少歯ごたえや味は変わってしまうかもしれませんが、慣れてくると普通のクッキーよりも美味しく感じられるようになってきます。

お菓子をどうしても食べたいという人は、その分の糖質を食事から省けば食べても良いというルールを作っておくと良いでしょう。
絶対に甘いものは食べないと思うよりも、その方が精神的にも良いです。
もしくは、糖質のカロリーをカットしてくれるダイエット薬を使う方法もあります。